限度額は審査時に決まる

キャッシングの申込をすると、審査の結果に応じて限度額が知らされます。限度額がいくらに設定されるのかは実際に審査をしてみないとわかりませんが、初めてのキャッシングであればそれ程多額の限度額にはなりません。収入などの属性によって変わりますが、10~50万円程度が目安になります。

 

限度額については、キャッシング希望額と違う金額で提示されることは珍しいことではありません。例えば希望額10万円で申込んだのに30万円枠をもらえたというケースもよくあることです。ちなみに枠と限度額は同じ意味です。逆に30万円申し込んだのに10万円の枠だけもらえたというケースは少ないです。なので、希望額は控えめに申告した方が審査には通りやすくはなります。

 

限度額の範囲内なら何度でも借入ができるので、限度額の大きいカードを発行してもらえればいざという時に心強いです。そして、枠についてはずっと同じではなく、増額できることもあります。増額のパターンは二通りで、キャッシング会社から増額可能のお知らせが来ることもありますが、こちらから増額の申請をすることもできます。増額が通れば自由に借入れできる金額が増えるので、より自由に利用できるようになります。

 

このあたりの手続きは消費者金融でも銀行でも共通であり、銀行からの借り入れとなるバンクイックであっても増額に関する流れは同じようなものです。

 

増額のメリットとデメリットとは

増額にはメリットとデメリットがあります。増額のメリットとして、自由に引出せるお金が増えることは容易に理解できますし、デメリットとして利用し過ぎると返済が大変になることも容易に想像できます。それ以外にも、増額することによって、色々な変化があります。

 

キャッシングの金利については、事前に説明がありますが、借入金額が大きくなると金利は下がっていきます。増額をすると、金利が下がる可能性があります。金利は低ければ低い程、返済する金額が減るので、増額することによってお得にキャッシングを利用できるようになります。増額時には安易に断らず、金利条件についても確認をしておいた方がいいです。

 

増額のお知らせがあったからと言って、即座に増額してくれるとは限りません。増額の金額によっては、今の職場の給与明細や所得証明書などの、収入を証明する書類の提示を求められることがあります。郵送や写真での添付という方法もありますが、どちらにせよ手間がかかることには変わりありません。もしも増額を希望していないのならば、手続きの手間を考えて増額に応じないという選択肢もありでしょう。

 

そして、理解しているつもりでも、枠が大きくなるとついつい使いすぎてしまうことはあり得ることです。必要がないのに増額した場合、そういったリスクがあることはよく考えて決断した方がいいでしょう。

 

基本として増額が出来れば金利が下がるため、限度額の増額は計画的に行うならデメリットは十分に吸収が出来ます。特に限度額ごとに金利が下がるオリックス銀行カードローンなら、増額による金利低下メリットが非常に大きいため、可能であるなら限度額を増やして金利を下げるためにもオリックス銀行カードローン増額手続きを見ておき、低負担の借り入れを実現しましょう。